2014年09月01日

何度でも


始まりがあれば終わりがあるのは当然のことですね。

夏休みが始まるということは、終わりがあるわけで、エンドレスエイトのようにずっと終わらない夏休みなんて、実際にあったら困りものです。

どんなことにも終わりはあるのです。
例えば、舞台の稽古。
キャストの仲が良くて、稽古がとても楽しくても稽古は終わり、舞台の幕は開くのです。
よく
「終わって欲しくないー!」
ってキャスト達で言うのですが、必ず舞台は幕が閉まって終演を迎えて、キャストたちは次に向かうのです。


様々な物語もそうで。
プロローグがあったらエピローグがあります。
でもエピローグを迎えても、そのキャラクター達がいなくなるわけではありません。
物語は終わっても彼らの人生は続いていくんですね!



終わりがあれば始まりがあって、始まりがあれば終わりがある。
大好きな漫画が最終話を迎えてそんなことを久し振りに実感しました
(*σ_σ)




(aωa*)ノシ




posted by 齋藤明里 at 23:20| Comment(7) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。